お知らせ

梅苑「花の庭」公開のお知らせ

当宮梅苑「花の庭」を1月28日(土)より公開

2月1日開苑予定でしたが、正月より落ち着いた気候が続いたこともあり、

開苑予定を早め、1月28日(土)より公開致します。

公開期間

期 間 :1月28日(水)―3月下旬(開花状況により閉苑日を決定いたします)

受付時間:9:00~16:00(閉苑)

受付終了:15:40

ライトアップ期間

期 間 :2月24日(金)―3月19日(日)の、金・土・日曜日

点燈時間:日没~20:00(閉苑)

受付終了:19:40

 

入苑料

大人(中学生以上):1200円

小人(小学生)  : 600円

※茶菓子付き

 

【団体割引】

30名以上の団体様は1割引き対応。

但し、毎月25日・土曜・日曜・祝祭日は適用せず。

大人(中学生以上):1080円

小人(小学生)  :540円

※茶菓子付き

 

昨年より北野天満宮の御祭神菅原道真公ゆかりの梅苑を、京都洛中の名庭『雪月花の三庭苑』のひとつ、北野天満宮『花の庭』として新たに再興いたしました。

江戸時代に歌人・連歌師・俳諧の祖として讃えられた松永貞徳(1571〜1653)により作庭されたと伝わる「雪月花の三庭苑」は、江戸時代、寺町二条の妙満寺(現在は左京区岩倉)の「雪の庭」、清水寺の「月の庭」、そして北野天満宮の「花の庭」それぞれが成就院(成就坊)という塔頭に造られた庭として、その名を馳せました。

明治以降は現存していなかった当宮の「花の庭」を再興し、令和再興『雪月花の三庭苑』として、妙満寺・清水寺・北野天満宮の三社寺が力を合わせ、京都の新たな魅力を発信して参ります。

梅苑「花の庭」には、苑内を一望できる特設舞台や枯山水の庭、また夜間ライトアップでは、約700燈ものろうそくの灯りが梅花を照らし出し、幻想的な世界を演出いたします。京都随一の梅の景観をぜひご覧ください。

 

 

一覧へ戻る

開門時間

6時30分〜18時

日本語 / ENG / 中文 / 한국

  • twitter
  • facebook
  • instagram