お守り・お札・授与品

御神札のおまつりの仕方

御神札には神さまのお力が宿っています。
神棚を設けておまつりをすることが望ましくはありますが、そのことにとらわれすぎるよりも日々丁重におまつりをすることのほうがより大切なことです。
神棚には、伊勢の神宮の御神札である神宮大麻、地域の神社である氏神様の御神札、ご自身の崇敬されている神社の御神札をおまつりしましょう。その際、数に制限等はございません。

神棚を設ける場所は、床の間がある部屋など、明るく清浄で大人の目線より高い位置に設けられる部屋におまつりするのが最良でありますが、住宅の事情等でそれが難しい場合は、家族の皆様が普段集まる居間などが良いでしょう。また御神札の正面が南か東を向くようにおまつりして下さい。

神棚がない場合には、きれいで粗末にならない場所におまつりをします。御神札は尊いものですから床に直接置くのではなく、タンスや棚の上など、なるべく高く清掃のしやすい場所におまつりをするのが良いでしょう。その際、御神札の下に和紙や白布を敷くと尚丁寧なおまつりの仕方になります。この場合も御神札の向きは正面が南か東に向くようにおまつりしましょう。

神棚の種類

一般的に宮形のことを神棚と呼びますが、正確には御神札をおまつりする棚を神棚といい御神札を収めるお宮を模した入れ物を宮形といいます。
宮形には一社造と三社造の二種類があります。


一社造

一社造の場合は一番手前に伊勢の神宮大麻、次に氏神さまの御神札、最後に崇敬される神社の御神札をおまつりしましょう。

三社造

三社造の場合は中央に神宮大麻、向かって右側に氏神さまの御神札、向かって左側に崇敬される神社の御神札をおまつりしましょう。

日々のおまつりの仕方

毎朝、まずは神棚を清浄に清め、榊の水を取り替えてお米・お塩・お水をお供えしお参りをしましょう。
お正月や家族の大切な日などにはお酒や野菜、果物などもお供えします。
いただき物や季節の初物などは、まず神様にお供えをしてから家族でいただきましょう。

古くなったお守り・お札について

お守り、お札は天神さまの御霊をお遷しした神聖なものですから、粗末に扱わず古いものは納札所にお納めください。
尚、お守りやお札はお受けいただいた神社にお納めするのが基本ですが、遠方の方などはお近くの神社にお問い合わせの上、納めていただいてもかまいません。

お守り・お札を返納する時期

受験や安産祈願などは、願い事が終了したときに感謝とともに神社にお納めしましょう。
その他のお守り・お札は期日があるものではありませんが、古来正月に年神さまを迎え、新年が健康で幸せに過ごせることを祈願することから、一年ごと正月に新しいお守りやお札を受ける習慣があります。その他の心願については、ご自身で善き頃合いにてお納めください。
神さまの御加護をいただくためには、日頃から神棚に神さまをおまつりし、感謝の気持ちをもつことが大切です。日本人が古来神を信じ、大切にしてきた暮らしの心得です。

ご参拝が困難な方へ

本来ならば、当宮にご参拝いただきお守り・お札をお受けいただくことが本義ではございますが、昨今の世情やご遠方にお住まいなど、諸事情でどうしてもご参拝がかなわない方には、特別に郵送授与のご案内をさせていただきます。詳しくは下記リンクをご参照ください。

開門時間

6時30分〜16時30分

日本語 / ENG / 中文 / 한국

  • twitter
  • facebook
  • instagram