• ご由緒
  • 菅原道真公・ご神徳について
  • 境内のご案内
  • 天神さんの七不思議
  • 大萬燈祭と半萬燈祭
  • 北野天満宮「社報」
  • 天満宮講社

史跡 御土居 もみじ苑公開

平成28年10月25日(火)〜12月4日(日)[入苑時間] 9時〜16時 [入苑料(茶菓子付き)] 大人 700円/こども 350円

夜間特別公開

もみじ苑ライトアップ・境内夜間特別拝観

11月12日(土)〜12月4日(日)
[入苑時間]日没~20時
[入苑料(茶菓子付き)]大人700円、こども350円

宝物殿特別公開

狛犬と宝刀展Ⅲ

10月25日(火)〜12月4日(日)
[開館時間]9時〜16時
[入館料]大人300円、中高生250円、こども150円

豊臣秀吉公の築いた土塁「御土居」と約300本の紅葉が織りなす絶景 このたびは幣もとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに 菅原道具公御歌

北野天満宮は学問の神様 菅原道真公をお祀りする全国天満宮の総本社です。天暦元年(947)の創建以来、「北野の天神さま」の名で多くの人々に親しみをもって信仰されてきました。
境内西側には、紙屋川に沿って豊臣秀吉公が洛中洛外の境界と水防のために築いた土塁「御土居」の一部と自然林が残り、約300本の紅葉とともに錦に染まります。梅と並び紅葉も愛された菅公。その御神徳を偲ぶように鮮やかに色づいたもみじ苑へ、ぜひお越しください。

もみじ苑の見どころ

展望所から望む国宝御本殿 紅葉の合間から八棟造りの国宝御本殿が一望できます。

鶯橋から眺める川面に映る紅葉 朱塗りの鶯橋から望む紙屋川と紅葉の絶景。

樹齢400年の三叉の紅葉 幹が3本に分かれた古木で苑内のシンボルツリー。

竹林と紅葉の絶景 緑の竹と紅葉の対比が人気のシャッタースポット。

北野天満宮オリジナル記念品 紅葉や梅、国宝「北野天神絵巻」をデザインした北野天満宮ならではの記念品を授与いたします。

樹齢600年の大欅 秋空に高くそびえる幹周り6メートルの古木「東風」。

舞台から紙屋川を見下ろす紅葉 川に張り出す朱塗りの舞台では催しも行われます。

MAP
利休居士が考案したと伝わる麩の焼を再現したお菓子「北野大茶湯」茶店にてお楽しみいただけます。

期間中、祭典や催しも多数あります。

※都合により急きょ変更や中止とする場合があります。

  • 11月12日・20日・25日
    和太鼓奉納

  • 11月13日
    京都三大学合同交響楽団
    アンサンブル

  • 11月26日
    御茶壷奉献奉告祭の
    御茶壷道中

  • 11月12日
    日本舞踊奉納 上七軒歌舞会

10月25日(火) 終日御縁日 [境内]
10月29日(土) 午後2時余香祭・献詠歌被講式 [御本殿]
11月3日(木) 午後1時半天満宮講社大祭・曲水の宴
※天候の影響で中止の場合、翌日順延
[別離の庭]
11月5日(土) 午後1時連歌奉納 京都連歌の会 [紅梅殿]
11月12日(土) 午後5時
午後6時
日本舞踊奉納 上七軒歌舞会
和太鼓奉納 神若会北野天神太鼓会
[御土居舞台]
[紅梅殿]
11月13日(日) 午後5時演奏奉納
京都三大学合同交響楽団アンサンブル
  
[紅梅殿]
11月19日(土) 午後3時北野天神もみじ寄席 露の五郎兵衛一門会 [社務所広間]
11月20日(日) 午後5時
 
午後6時
演舞奉納 京都文教大学
よさこいサークル風竜舞伝
和太鼓奉納 神若会北野天神太鼓会
  
[紅梅殿]
[紅梅殿]
11月23日(水) 午前10時新嘗祭 [御本殿]
11月25日(金) 終日
午後5時
 
午後6時
御縁日
オカリナ・ギター演奏奉納
阿武野逢世・鈴江先子
和太鼓奉納 神若会北野天神太鼓会
  
 
[紅梅殿]
[紅梅殿]
11月26日(土) 午前11時 御茶壷奉献奉告祭・口切式 [御本殿]
11月27日(日) 午後5時演舞奉納 同志社女子大学 京炎 そでふれ!花風姿 [紅梅殿]
12月1日(木) 午前10時献茶祭(ご奉仕:堀内家長生庵 堀内宗完宗匠) [御本殿/境内]
12月3日(土)・4日(日) 終日もみじ苑グランドファイナル ―音楽・食・文化のフェスティバル― [境内]

アクセスページへ