お知らせ

令和元年採取の大福梅 12月13日(金)より授与

天神様(菅原道真公)の恩恵溢れる北野天満宮境内で調製された新年御祝用の「大福梅」が、正月準備を始める12月13日の事始めより授与いたします。

この梅は、元旦の朝、祝膳の初茶として飲むもので、邪気を祓い、一年間生気に満ちた健康な日々を過ごすことを祈るものである。

その起源は、村上天皇の天暦5年(951年) 疫病流行の折、「天皇御脳にかかり給いしが、この茶を服し給えば御脳(おのう)たち所に平癒す。これより王服と称して毎年元旦にこの茶を服し給い、萬民これを倣い年中の疫病邪気を除き長寿幸福を得るなり。」と伝えられる。

「大福」の字は「王服」より転訛したもので、吉祥の意味をこめ吉字をあてたものであります。

・大福梅 1袋(約6粒) 700円

・守護縄 1縄  500円

・屠蘇  1袋  500円

・祝箸  1膳  200円

・ことはじめセット 3,000円(大福梅1袋・祝箸5膳・守護縄・屠蘇1袋・清め塩1袋)

DSC_5988

 

 

 

 

お知らせ一覧へ戻る
令和元年採取の大福梅 12月13日(金)より授与