通りゃんせ♪ 天神さまの寄り道事典

伝説から、お参りに役立つハウツー、おもしろエピソードなど、
北野天満宮と北野界隈のうんちくやトリビアをご紹介。お参りが楽しくなる豆知識の事典です。

第2話 天神さんの市

第2話 天神さんの市
毎月25日の「天神さんの市」は、東寺の「弘法さんの市」(毎月21日)とならんで、京都で最も大きな市(縁日)の一つです。この日は朝から、参道や境内の周りに、骨董品、植木、食べ物、古着、手作りの工芸品等を売るさまざまな露店が、ところ狭しと立ち並びます。 天満宮の鎮座する北野という地は、もともと農耕信仰が盛んなところで、天神市でも当初は農耕器具や用具が売られていたといいます。そうした名残を今も少しですが、植木店の充実などに見ることが出来ます。 市の開かれる25日という日付は、天神信... 
続きを読む

第1話 天神様と牛

第1話 天神様と牛
当宮の境内には横たわった牛(臥牛)の像が数多く奉納されています。御祭神菅原道真公(菅公)と牛にまつわる伝説や逸話が数多く残され、菅公は承和12年(845)に誕生され、この年は乙丑(きのとうし)の年でありました。延喜3年大宰府でご生涯を閉じられた際、「人にひかせず牛の行くところにとどめよ」との遺言から御遺骸を轜車(牛車)にてお運びする途中で車を曳く牛が座り込んで動かなくなり、やむなく付近の安楽寺に埋葬したという故事に由来しております。国宝「北野天神縁起絵巻」の序文には門前にて休む茶色と黒色... 
続きを読む
1
[お話カテゴリー]
ページの先頭へ