北野天満宮のみどころ

梅苑公開

梅苑公開

春を告げる「天神さんの梅開き」

「 東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 主(あるじ)なしとて春を忘るな 」菅原道真公御歌

当宮には、菅原道真公ゆかりの梅50種約1,500本があり、花の時期には約2万坪の境内一円で紅白の梅が咲き競います。
早咲きの梅は例年12月中旬頃からつぼみがふくらみ始め、正月明けから開花。
徐々に咲き繋ぎ、3月末頃まで長く楽しめます。

早咲の「寒紅梅」

早咲の「寒紅梅」

本殿の裏側に咲く八重の「雲龍梅」

本殿の裏側に咲く八重の「雲龍梅」

赤と白が一本の枝に咲く「思いのまま」

赤と白が一本の枝に咲く「思いのまま」

薄っすらと青緑色の「月の桂」

薄っすらと青緑色の「月の桂」

珍しい品種「黒梅」

珍しい品種「黒梅」

菅公の“飛梅伝説”が伝わる本殿前のご神木「紅和魂梅」

菅公の“飛梅伝説”が伝わる本殿前のご神木「紅和魂梅」

梅苑

2月上旬頃に梅苑を公開。開苑期間は例年2月初旬から3月下旬で、白梅、紅梅、一重、八重と、とりどりに咲く梅の間を縫うように散策路が延び、お茶とお菓子を供する茶屋も開かれます。また、2月25日には梅花祭と梅花祭野点大茶湯も行われ、毎年多くの観梅者でにぎわいます。

公開時間:10時~16時まで
入場料[いずれも茶菓子付]
大人 700円 (中学生以上)こども 350円
30名以上1割引 (但し25日・土・日曜・祝日を除く)
身体障害者割引 大人350円・こども175円

※梅苑の公開は開花状況によりますが例年2月初旬です。
日程は毎年変わります。当サイト、facebookの最新情報をご確認ください。

梅苑のようす

梅苑のようす

梅苑の茶屋

梅苑の茶屋

梅仕事

梅仕事

神職・巫女が総出でつとめます

当宮の神域で育った梅は天神さまのご神徳が宿ると言われ、正月の縁起物として大変人気があります。
梅の実を使った「大福梅」、招福の梅の枝「思いのまま」のいずれも、
当宮の神職、巫女や職員が総がかりで奉仕する大きな仕事です。

大福梅

1. 梅の実の採集

1. 梅の実の採集

6月上旬から中旬頃に約1週間にわたって梅の実の採取を行います。収穫量は例年約2.5~3トン。採取した梅は、樽に塩漬けします。

2. 土用干し

2. 土用干し

7月中旬~8月下旬頃には、梅を樽から取り出して天日で干します。すのこの上にむしろを敷き、その上に梅を並べた様は圧巻。境内全域に甘酸っぱい香りが漂います。カラカラになるまで約4週間干し上げたら、再び塩をまぶして樽に収め、11月下旬まで貯蔵します。

3. 大福梅の調製

3. 大福梅の調製

11月下旬、樽から取り出された梅は、約6粒ずつ、手のひら程の大きさに切りそろえた縁起物の裏白を添え、奉書紙で包み「大福梅」となります。

4. 大福梅の授与

4. 大福梅の授与

12月13日の事始めから、終い天神の頃まで社頭で授与します。この「大福梅」が新年の祝膳に用いられるようになったのは平安時代の中期から。村上天皇の御代(951年)から元旦の祝膳に使われていたと記録されています。

招福の梅の枝「思いのまま」

招福の梅の枝「思いのまま」は境内の梅剪定時にでる梅枝「ずばい」に厄除け瓢箪をつけた授与品です。「ずばい」は生け花にもよく使用され、水を入れた一輪挿しにすれば、見事に美しい梅の花を咲かせます。12月中旬から剪定して飾りつけを行い、元旦の0時より授与します。

〈思いのままができるまで〉

梅の枝切り初め式

梅の枝切り初め式

巫女によってていねいに手づくり。

巫女によってていねいに手づくり。

出来上がり

出来上がり。瓢箪の中には梅花祭の祭典に用いられる厄除玄米が入っています。ご飯と一緒に焚いて食し、一年の無病息災・厄除を祈ります。

史跡 御土居の紅葉

300本の紅葉が色づくもみじ苑

「このたびは幣(ぬき)もとりあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに」菅原道真公御歌

宇多上皇の巡幸にお供された菅原道真公が山々の紅葉の美しさに感銘を受け、手向山八幡宮に紅葉の枝を奉じて祈願された史実から、紅葉もまた道真公と深いご縁のある樹木といえます。時は流れて桃山時代、豊臣秀吉公は洛中洛外の境界、水防のための土塁「御土居」を築きました。その一部が残る境内の西の一帯は長らく自然林で、自生のものと後に植林されたものを含め、現在、約300本の紅葉を有する名所「もみじ苑」となっています。紙屋川にかかる朱塗りの太鼓橋「鶯橋」や、茶室の梅交軒に設けた舞台からの眺めは絶景です。

展望所から望む国宝 本殿

展望所から望む国宝 本殿

樹齢400年を越えると伝わる「三叉の紅葉」

樹齢400年を越えると伝わる「三叉の紅葉」

晩秋には錦のじゅうたんのような光景も。

晩秋には錦のじゅうたんのような光景も。

紅葉のシーズン

紅葉のシーズンは茶席やライトアップ、
奉納舞など催しが目白押し。

茶室梅交軒では本格的な「濃茶」の席を設けています。

樹齢600年の大欅「東風」

上七軒の舞妓さんによる日舞の披露

上七軒の舞妓さんによる日舞の披露

もみじ苑公開 10月下旬~12月上旬(ライトアップは11月中旬~12月上旬)

[入苑時間] 9時~16時、ライトアップは日没~20時
[入苑料] 大人700円・こども350円
茶菓子付き(利休居士が考案したと伝わる麩の焼を再現したお菓子)

※日程は毎年変わります。当サイト、facebookの最新情報をご確認ください。

もみじ苑

もみじ苑

梅交軒

太閤豊臣秀吉公が催した茶会に因んだ茶菓子
「北野大茶湯」。茶店にて楽しめます。

史跡 御土居の青もみじ

青もみじと鶯橋の朱が美しいコントラストを見せます。

青もみじと鶯橋の朱が美しいコントラストを見せます。

涼やかな初夏のもみじ苑

涼やかな初夏のもみじ苑

新緑の季節もおすすめです

初夏の青もみじの清々しい美しさもまた格別。
かつて紙漉き場であった紙屋川の水面は鮮やかな新緑を映し、生命力にあふれています。
涼やかな青もみじの杜で、道真公のご神徳を感じてください。

青もみじの公開 5月上旬〜下旬

[入苑時間] 9時~16時
[入苑料] 大人300円・中高生250円・こども150円(宝物殿拝観券付き)

※日程は毎年変わります。当サイト、facebookの最新情報をご確認ください。
もみじ苑

もみじ苑

国宝 社殿

本殿と拝殿を石の間でつないだ、特色ある建築様式

[御祭神] 菅原道真公 御相殿 中将殿(菅公の御子息) 吉祥女(菅公の北の方)

総面積約500坪の雄大な桧皮葺屋根を戴く社殿は、菅原道真公をおまつりする本殿と拝殿が石の間という石畳の廊下でつながり、本殿の西には脇殿を、拝殿の両脇には楽の間を備えた複雑な構造。八棟造、権現造りと称され、神社建築の歴史を伝える貴重な遺構として国宝に指定されています。

千年余りの歴史のなかで何度も火災にあいましたが、そのたびに朝廷や将軍家によって造営修繕がなされ、現在の本殿は豊臣秀吉公の遺命により豊臣秀頼公が慶長12年(1607)に造営されたものです。唐破風や黄金色に輝く装飾、精緻な彫刻の数々は絢爛豪華な桃山文化の建築ならでは。毎月25日のライトアップでは吊燈籠に火がともされ、幻想的な眺めを見ることができます。

通常は拝殿前よりご参拝いただきますが、ご祈祷の際には拝殿に昇殿いただきます。神前での厳粛な雰囲気とともに、内部の美しい装飾にもご注目ください。

極彩色の装飾

極彩色の装飾

八棟造

八棟造

星欠けの三光門

星欠けの三光門

夜空の北極星をいただく伝説の門

楼門と拝殿の間に建つ中門は三光門と呼ばれ、ひと際壮麗な造りと上部に掲げられた後西天皇御宸筆の『天満宮』の勅額によって、当宮のシンボル的な建築として知られています。
三光とは、日、月、星の意味で、梁の間に彫刻があることが名の由来ですが、星の彫刻だけが見られないともいわれています。その理由は、かつて朝廷があった大極殿から望むとちょうどこの門の上に北極星が輝くことから。天空と一つになって平安京を守っていた場所がこの北野の地なのです。この伝説は「星欠けの三光門」として今も当宮の七不思議に数えられています。 社殿と同じく、桃山時代の建築様式で重要文化財に指定されています。

星欠けの三光門
日の彫刻

日の彫刻

月の彫刻

月の彫刻

宝物殿

国宝「北野天神縁起絵巻 承久本」をじっくり鑑賞

創建以来、千有余年の長きにわたり皇室をはじめ公家や武家、商人たちの篤い崇敬をうけてきた当宮には、数多くの宝物が奉納され、今に伝えられています。 なかでも、「北野天神縁起絵巻 承久本」は数ある同類の内で根本縁起といわれ、絵巻物の中では特に優れた作品として、また貴重な歴史財産として国宝に指定されています(展示は複製品となります)。古文書、刀剣、蒔絵や屏風、茶道具といった美術的にも価値の高い工芸品を多数収蔵し、常設展のほか、季節ごとにテーマを決めた企画展も開催。ご参拝とあわせ、ぜひ当宮が誇る貴重な文化遺産をご鑑賞ください。

宝物館内

宝物殿内

■宝物殿
開館日 縁日(毎月25日)、観梅・紅葉シーズン、
1月1日、12月1日、4月10日~5月30日
※団体(30名以上)の場合、予約により上記開館日以外でも受付いたします。
開館時間 9時~16時
料金 一般300円、中学生250円、こども150円

*展示品は入れ替えをすることがありますので、 掲載されているものでもご覧いただけない場合がございます。

国宝「北野天神縁起絵巻 承久本」

「北野天神縁起絵巻 承久本」は承久元年(1219)に作成され、現存する多数の北野天神縁起絵巻のうちで最古であり、縦52センチ、幅は最短8メートル42センチ、最長12メートル11センチあり、写本の元祖である「根本縁起」と言われています。全9巻あり、道真公の生涯と北野社の創建、そして北野天神を信仰した人々の利生記が描かれています。

道真公が大宰府へ船で旅立つ場面(第四巻 13~16紙)

清涼殿落雷の場面 (第六巻第三段)

道真公が大宰府へ船で旅立つ場面(第四巻 13~16紙)

道真公が大宰府へ船で旅立つ場面(第四巻 13~16紙)

恩賜の御衣に懐旧の涙を流す道真公(第四巻 18~21紙)

恩賜の御衣に懐旧の涙を流す道真公(第四巻 18~21紙)

昌俊弁慶相騎図絵馬(重要文化財)
重要文化財 昌俊弁慶相騎図絵馬 (部分)

重要文化財 昌俊弁慶相騎図絵馬 (部分)

源義経討伐の内命をうけて上洛した土佐坊昌俊を馬に乗せて引き立てて行く弁慶の勇姿を描いた絵馬。桃山時代を代表する絵師、長谷川等伯の作です。

北野曼荼羅図 北野社絵図
北野曼荼羅図 北野社絵図

北野曼荼羅図 北野社絵図(部分)

北野天満宮を高い所から見おろしたような社頭図。上方の社殿の内陣には天神像が描かれ、左右に多数の摂末社や塔と鳥居をあらわした室町時代の宮曼荼羅です。

橘松竹鶴亀蒔絵文台・硯箱
橘松竹鶴亀蒔絵文台・硯箱

橘松竹鶴亀蒔絵文台・硯箱

豊臣秀吉公の信任が篤く、当宮の崇敬者であった山中山城守長俊(1547~1607)が、連歌が催された際に使用し、奉納されたもの。縦58センチ、横34センチで、巧妙な構図と洗練された図様の表現が見事な桃山時代の作品です。

太刀 銘 恒次 附 糸巻太刀拵(重要文化財)
太刀 銘 恒次 附 糸巻太刀拵(重要文化財)

太刀 銘 恒次 附 糸巻太刀拵(重要文化財)

作者である恒次は、鎌倉時代中期に活躍した備中国青江派の刀工。収蔵されている太刀は、元禄十五年(1702)二月二十五日の八百年大萬燈祭に、加賀藩主の前田綱紀より当宮に奉納されたものです。